法律相談のご案内

ひろむ法律事務所では、当分の間、ホームページを見て受付していただいた初回法律相談は無料といたしました。
この機会にどうぞ、お気軽にご相談下さい。

  • お問い合わせフォーム

  • お名前(必須)
  • 郵便番号
  • ご住所(必須)
  • 電話番号(必須)
  • メールアドレス
  • メールアドレス(確認用)
  • 年齢(必須)
  • ご職業(必須)
  • 相談内容(必須)
  • 内容確認後、下記ボタンを押してください。

    書き直しは、下記ボタンを押してください。

法律相談までの手順は下記ようになります

1.まずお電話を
お電話の受付時間/平日のAM9:15~12:00、PM1:00~5:30
休 日/土・日・祝祭日のほか、8月中旬と年末年始の一定期間
相談の日時については、ご事情によってはPM5:30以降や土曜日などにも可。
お電話・FAX・Eメールでのご相談は、既に事件を依頼されている方や法律顧問先を除き行っておりませんのでご了承ください。
2.法律相談の申込み
お電話で次のことをお話ください。
1.法律相談を申し込みたいこと
2.お名前
3.お住まい(市区町村)
4.こちらからご連絡する場合の電話番号
5.事件類型(何に関する事件や紛争ですか。→「業務案内」や「Q&A」のページをご覧下さい)
6.事件の相手方(相手方から既に相談を受けていたり、相手方が当事務所の法律顧問先の場合などは相談をお受けできないことをご了承願います)
7.調停・訴訟・ADRなどへの事件係属の有無(既に調停や訴訟などが始っていますか)
3.相談日時の予約
「あなたのご都合」と「4人の弁護士のスケジュール」と「事件類型」などを勘案してご相談に来ていただく日時を決めます。その場ですぐ決まらないときは、折り返し当事務所よりご連絡を差し上げます。
相談担当弁護士は、事務所側で決めさせていただきますが、ご希望がある場合にはお伝えください。ただし、弁護士のスケジュールや事案の内容によってはご相談に応じられないこともありますのでご了承願います。
4.相談日にご持参いただくもの
ホームページを見て受付していただいた初回法律相談は無料となります。
資料は、「事件類型」によって異なります(例えば、個人の債務整理であれば債権者一覧表など。離婚事件であれば戸籍謄本など)。予約ができたときにお電話でご案内いたします。
事件を委任なされる可能性のある場合には、印鑑(認め印)をお持ち下さい。委任状や委任契約書を作成するためです。
5.相談日
自動車で来所される場合は、有料駐車場をご利用いただくことになりますのでこちらのご案内地図をご覧下さい。
やむを得ず時間に遅れそうなときや来られなくなった場合はなるべく早めにご一報ください。
6.相談結果
ご相談を伺ってみて、一定の「診断」ないし「処方箋」が出ます。

a. 相談で終了

解決方針や、解決手続の知識を得て、ご自分で前に進んでいけることもあります。

b. 相談の継続

必要な資料や事実情報が不足していた場合などには日を改めて再度相談に来ていただくこともあります。

c. 調査

「診断」を行うために弁護士による法律関係の調査が必要になることもあります。その調査方法と費用をご説明したうえで、調査に入り、調査結果が出たときに再度ご来所いただくことになります。

d. 受任

事件をお受けします。選択する解決手続(示談交渉・調停・訴訟など)に応じて、諸費用をご説明のうえ、委任状や委任契約書を作成します。

e. 他機関のご案内

事案によっては、司法書士・土地家屋調査士・不動産鑑定士・税理士・法務局などに依頼したり相談したりすることが適切な場合もあります。また、当事務所では扱えない事案の場合には、他の法律相談機関や弁護士をご案内することもあります。

f. 法律扶助のご案内

経済的理由で弁護士費用のお支払いが困難な場合にご利用方法をお知らせします。

g. その他